思考と感覚と戯れる

仕事という環境から生み出された、思考や感覚を表現したい。

病原菌ニート

退屈な日々を送る。毎日が何もなく過ぎていく。引きこもって引きこもって 殻の中。 栄養分がないんだ。 栄養素を求め、刺激を求める。 僕は何を観たい?君の何を観たい? 刺激をおくれよ。

破壊されたフィルム

理性とは本能を傷つけないためのフィルムだ。何かの思いが弾けて、自分を表現してみるが ズタズタにされる。 上手くいかないことの方が多い。 恋愛という、悪魔に洗脳される。縛られて、 虜になる。 そうなると余裕がなくなり、相手を縛りつけてしまう。 僕…

現代ピエロ

情報の多様化や技術の進化。それによって、覚えることが多くなった。嫌でもインプット。そうしなければ、この『現代』についていけない。例えば、twitterの世界でもルールがあったりする。 そもそも「ツイートってなんやねん」と、いう話である。そんな世界…

仕掛けの中で感じ生きている

チームで戦う時には戦術が必要になります。その戦術を元に展開を作り上げていく。その中には、仕掛けが必要で、どう仕掛けて相手を動かすのか?この『仕掛け』がどのような戦況を生み出すのかが面白い。 スポーツによって、駆け引きに使われる技術や思考は違…

悲しいみの向こう側には軌跡があるかもしれない

『人間が進化してそうなるのか、そもそも人間とはそういうモノだったのか、どちらにせよテレパシーがなくてよかったよ。言葉が存在して、伝えることがこんなにも大切で感動的なことだなんて。今はっきりわかったよ…』 僕らは言語を学び、それを活用して表現…

渦の中

超えられない壁はある。 制御するために誓約を結んだ。 それは守らなければならないのだ。 どんなに人を好きになろうとも、超えられない壁があって、それを守らなければならない。 それが、ルールである。 でも、時にはみ出してしまいたい…そんな欲望に駆ら…

フォークソングで奇跡を起こせ

昨日、久しぶりに昔の知り合いと飲んだ。 新宿西口で待ち合わせをした。 居酒屋さんに入った。 メニューは豊富ではなかった。 メインの焼き鳥もさほど種類がなく、仕方なく、盛り合わせを2セット頼んだ。 他の商品もちょっと頼んだけど。 飲んだ相手は映像関…

変わらない本質

■習うより慣れろ 『感覚に落とし込め。』 何年前の話だよ。 『習うより慣れろ。』 あらたまって人から教えてもらうより、実際に経験を積んだり練習を重ねたりして、体で覚えていくほうが、しっかりと身につくという意味。「習う」とは、知識や技術の教えを受…

世界の解放

目的を達成するための、精神維持。 すなわち、『モチベーション』 目的を達成するためには? 目的→目標 目標を立てクリアしなければならない。 そして、そこにはクリアするための努力が待っていて、 その努力を継続して行えるようなモチベーションが必要にな…

業務を高いレベルで行い、提供する

『仕事とは?』 いう漠然とした議題があり、その議題の答えを見つけ出すのは難しい。 そして仕事とは?という、仕事論を語るのは偉そうなことだと思われがちのように聞こえてしまう。 そんな考えを持ちながらも、 個人的な根本的本質は 『満足度を提供する』…

アレンジがオリジナリティと生み出す

0から1を生み出す。 これはなかなか難しい。 自分の言葉も誰かの名言から引用したりする。 まったくもって完全コピーではないが、そこにある言葉から自分の思考を引き出し、アレンジを加え表現をする。 『1から無限を生み出す』感覚で表現をする。 言葉を生…

マイナス思考の無意識化が呼び起こす恐怖

プラス思考というのを継続して実行していると、全ての事柄がプラスに変換していきます。 ただ、これは洗脳です。 悪くはないのですが、一般的には通用しません。 局地に追いやられたときに、なんの解決策もないまま、自己啓発だけで乗り切ろうとします。要す…

チャレンジを深く掘り下げて考える

『やりたいことをやる』というのはチャレンジではない。『やりたくないことをやらなければならない』がチャレンジになる。やりたいことをやるというのは当たり前のことなので。 人間関係のことなのだが、『仕事』という空間の中では、嫌いな人やウマの合わな…

傲慢さを自覚することで

◼️身勝手な動き 組織の中には、『自分勝手』な動きをする者がいる。 『私のやり方はこうです。』 『僕はこうしてます。』 ※傲慢 確かに、仕事を『やらされている』と、いう観点から自主的な考え方に変化させるには、 自分で考えて導く。 自分で考えて判断す…

いつもと違うポジションと役割を求められることで

ポジションによって役割が変わる。 理解していてもなかなか出来ない。それは染み付いた習慣力があるから。身体の動きとは無意識化され自動化された質の集成。 全てを感覚的に出来るまでに何遍も同じことを繰り返す。そして、自動的に出来るようになったら感…

能力と特徴を知ることで。

ポジションが変わると、役割が変わる。前提はそうなのだが、その変化を理解するのには、時間がかかる。それは組織だから。一人で戦うわけではないので、まずは味方の能力と特徴を知らなければならない。なぜ知るのかというと、相手に合わせるからだ。同じ能…

自分で考えないといけない苦しさ

自分で考えなさいという教育論 どうやら、そう教育される世の中です。 特に、 スポーツ指導者の指導方法という中で見かけます。 自分で考えることが喜ばしいこと、正しいという風潮になっています。 洗脳された思考はなかなか外せない そういう教育を若いう…

納得をしてもらうために

哲学的な観点をぶっ込んでくるところが言葉により深みを増します。 読み手は、書き手の本質に迫ろうとする。 本来、書き手が、書きたい、思っていることがあって、その意図や意味というのが発生します。それをより深く浸透させるには? まず言い回しが重要に…

思考をルーティン化する

思考をルーティン化する。把握し判断する。これは『思考する』ということです。あらゆる状況下において展開をはかる時、しかも時間制限がある時、瞬発的な判断力というものが強いられます。その危機的状況下においても、冷静に状況を把握し正しい判断を行う…

準備の時間を短縮する

準備も様々あって、目的がなんなのかによって準備の内容も変わりますし、準備の時間も変わります。仕事をこなすと言う世界の中では、準備というものが重要と言われ、準備の精度によって仕事の消化率へ大きな影響をおよぼします。準備を怠ることで、とんでも…

サッカー分析をしていくために

サッカーを分析的に観察していく中で どうすれば良いのか考えてみた。 ■分析の仕方●基本ベース①監督による戦術とフォーメーションの決定②選手による技術と特性の把握 まず、戦術とフォーメーションを理解する。どういった戦い方をしたいのか? それによって…

理想の個性

【秩序を理解した上で個性を演出する】マニュアル化した正しい仕組み、組織の中で個人特有な性質を引き出す。もしくは、今ある性質から新たに情報を与え、新しい性質を作りだす。これが僕の理想論である。自分らしさを出すには時間がかかる。自分らしさを生…

絶対成功への秘訣

◾︎パターン化された選択肢の中から展開を引き寄る。不確定要素の高いことに対して、状況把握からの判断はどうしても時間がかかる。後手になってしまう。判断が遅くなってしまい成功の確率を下げてしまう。予測、予想からの瞬時分析には限界がある。だから、…

選択肢を増やす

勝負において勝つというのは、相手を上回る。これに限る。その中で判断というのが勝負の分かれ目になる。勝負に勝つには選択肢を増やす選択肢を増やすことで迷いも多くなる。判断材料が増えてしまうと判断しきれないとことが多くなりがちだが、材料が多けれ…

不安に挑む

『自分に自信を持って』という言葉は綺麗事にしかならない。なぜなら、自分に自信を持つというのは、今までやって来たことの集大成でしかないから、今の限界以上のことは出来ない。自信を持って出来ることは経験したことで上手く出来たこと。新たにチャレン…

失敗ってのは『意識』で、成功ってのは『無意識』

どういうことか?人間は日々日頃からアクションというものをしていて、そこには必ずしも結果というものがついてくる。その結果が成功なのか?失敗なのか?僕の中で、成功というのはほとんど。なぜなら、日常的に過ごしていくなかで常に失敗と成功を評価して…

理解者と助言者

自分にとって理解者と助言者はいるのか?まず、始めに。理解者とは?助言者とは?ここを区別していきたい。僕の中で捉えている理解者と助言者。理解者とは、自分の言うことやる事に対して、受け入れてくれる人。『なるほど』『確かに』と、答えたりと同意を…

対応する力

仕事をしていく中で必ずしもすべてが上手くいくとは限りません。なんかしら予期せぬことや、予期していても上手くいかないときがあります。そんな中求められるのは?その状況や状態から打破するための対応力。仮にその時上手くいかなかったとしても、その後…